バスの窓から


ここをまっすぐ行ったら、左側にスイミングスクールがあるんだった。

バスの窓から見える風景は、見覚えのある風景

だって、毎週来ていたんだから。


普通なら、ここに来るなんて簡単なこと。

簡単なことが困難だった、あの頃


家にあるトランポリンと、ビデオと

少しの散歩と、水は好きでした。


それしか、あまり興味を示さず

有り余る時間を消費するのは

とてもタイヘンなことでした。


ここに通うまでの道のりも

例外なく、困難の連続でした。





そろそろかな

ドキドキ


ここだ、ここで。。



しんみりしてしまったよ。

いろいろ思い出したよ。

がんばっていた、あの頃が。


2018 / 1 / 27



Maria Rita ♪





2007年の記録

あの頃から長男を預ける練習をはじめたのよ。 はじめヘルパーさんが信じられなくて 市の子育て支援のヘルパーの資格を半年かけて とったりもした(今は更新してないから資格はないけど) 資格が欲しかったんじゃなくて どんな人たちがどんな勉強をして 子供たちを預かるのか知りたかったんだよ。


そんなことをしながら、少しずつ離して行った。 実際には小学1年生の後半くらいからだから 何年もかかって今に至ってる。 だから、いろんな基盤を作ってきたから 今になってやっと、ライブにも行けるし 遊びに行けるようになったんだよ。


プールはね4年生からだっけな? 今の場所は。 競争率が高くてずっと待機してたんだ。 その前は個人的にお願いできる人に 見てもらっていた(だから、今が精神的に楽) 

5年位前はね、学童、保育園関連の課とか 障害福祉課で私を知らない人は居なかったんじゃない(笑

その反動でサ、今は何にもやりたくないし 音楽関係以外の人と関わるのが面倒で まったく交流がないんだよ(カラオケや飲みに行くのもない